児童発達支援・放課後等デイサービス『ハートフルデイ』|東京都港区東麻布・芝浦 

“運動と遊び”で発達障害を発達させる。児童発達支援・放課後等デイサービス『ハートフルデイ』

ハートフルデイとは
お休み・振替ご連絡フォーム

 こんにちは!ハートフルデイです。

こんにちは!ハートフルデイです。
児童発達支援・運動療育の放課後スポーツ塾『ハートフルデイ』は、“運動と遊び”を通じて、発達障害を発達させる支援を行う放課後等デイサービスです。
発達障害児童向けにマンツーマン形式による体育・運動療育を実践しています。
 
ハートフルデイでは、0歳~18歳の発達が気になるお子さまを対象に、カリキュラムはひとりひとりの発達に合わせて作成します。
マンツーマン指導により、自分のペースで楽しみながら、苦手を克服し、各自の発達の促進と生きやすい身体づくりを目指します。身体を動かしながら楽しく、心身ともに健やかに成長するお手伝いをします。
 

 

お子さまにとって、マンツーマン指導による『運動と遊び』が必要な7つの理由

1 発達に合わせた個別カリキュラムが組める

お子さまの運動に対する意欲や発達に合わせた個別のメニューが提供できます。
発達に合わせた個別カリキュラム
お子さまのレベルに合わせたマンツーマンレッスンによって苦手意識を持つことなく、自分のペースで運動できます。
 

2 お子さまの特性に合わせた楽しい遊びができる

お子さまの特性に合わせた遊び
みんなと一緒に遊べない。遊びが続かない。遊びのレパートリーが少ない。 
未就学児さんのお母さまから寄せられる声です。 
こだわりの強い児童、じっとしていられない児童、マイペースな児童などその子に合った遊びを通して感覚統合を行い、発達を促進させます。
 

3 疲れにくい正しい姿勢の維持

疲れにくい正しい姿勢の維持
幼稚園や小学校で正しい姿勢の維持(5分以上)が困難な園児・児童を見かけます。
平衡感覚(前庭感覚)のつまずきが姿勢の維持を困難にしている場合があります。 
そのようなケースの場合、トランポリンや回転遊具などで前庭感覚に刺激を入れることによって、平衡感覚を整え、姿勢改善に役立てます。
 

4 円滑な眼球運動により視知覚認知の向上

視覚認知の向上
トランポリンを跳びながらボールやお手玉や絵カードなどを目で追うトレーニングを楽しく行います。眼球運動がスムーズになると絵本や読書などにもプラスの影響が現れます。
 

5 体幹と平衡感覚の安定

体幹と平衡感覚の安定
児童の発達や体力に合わせた、無理のない適切な運動メニューの選択によって無駄なく効率的に体幹を強化し、平衡感覚を整えます。安定した体幹は運動能力の向上をもたらし、そのことは児童の自己肯定感の向上に寄与します。
 

6 ボディーイメージの獲得

発達に偏りのあるお子さまの傾向としてボディーイメージの未獲得が挙げられます。
ボディイメージの獲得
自分の身体図式を把握していないため、人やモノにぶつかったりしてトラブルになったり、怪我をすることもあるかもしれません。マット運動やフラフープくぐりなど遊具を使ってボディーイメージの獲得に繋がるレッスンを行います。
 

7 協調性・コミュニケーション能力の発達

マンツーマンの運動療育の中には、指導者と児童が共同して行うメニューがあります。
例えば、お互いバランスボールに乗った状態で行うキャッチボール。キャッチボールが出来た回数をカウントします。この際、相手が取りやすい場所にボールを投げることが求められます。
協調性・コミュニケーション能力の発達

このような運動メニューを通して、相手の動きをよく見て、相手の立場になって行動することの大切さを学びます。
 
ハートフルデイとは
《ハートフルデイとは
 
お子さまの変化について<保護者様の声>
《お子さまの変化―保護者様の声
 
 ** 体験レッスン募集を再開いたしました。** 
マンツーマン指導による親子体験レッスン
体験レッスンのお申込みはこちら
7月15日(土)16時
7月22日(土)16時
7月29日(土)16時
 
体験レッスンのお申込みはこちら
  

■ 新着情報

YouTubeハートフルデイチャンネル