ハートフルデイとは
お休み・振替ご連絡フォーム

 お互いの欲求がぶつかった時

2016.12.5


ハートフルデイアドバイザリースタッフ
親業インストラクターの、加藤さくらです。
 
ことばを話す健常児の小学3年生(長女)
ことばよりも非言語でコミュニケーションをとる
障害児の小学1年生(次女)
 
2人の子育てを通して、コミュニケーションについて
たくさんの気づきを受け取っています。
 
 
さて前回は、私自身(親)が困ったときは
どうするのか?についてお伝えしました。
 
そこで今回は
学校を休みたい長女
 VS
仕事に行きたい私。
こちらについて。
 
お互いの欲求がぶつかった時
双方が納得する解決策を見つけ出すために
我が家が使った円満に過ごす《話し合い方法》の
事例をお伝えします(*^_^*)
 
 
長女は体調が悪いわけではなく、ただ、
『学校に行きたくない』と言い出すことがあります。
 
よく話を聞いてみると
(2016.9.15の記事をご参考に)
 
プール、マラソン大会、ドッヂボールなど
やりたくない授業があるから…など
憂鬱な理由が隠れていることもありますが・・・。
 
ただ、「お家でゆっくりしたいから(*^_^*)」
と元気に言われることも(笑)
 
 
「怠けるんじゃない!」
「さっさと学校行きなさい!」
 
一喝することは簡単です。
 
 
しかし「一喝して娘を家から送り出し
その後に娘や私が事故に遭うなどして
一生顔を合わせることがなくなったら・・・」
 
そんなことを想像すると
いつだって後悔はしたくない。
 
大切な人とはいつも心通じる
コミュニケーションをしたい。
そう思うのです。
 
 
なので
私に仕事や予定があり、出かけたい…。
 
そんなときは
1、相手(娘)の【行動】
2、私への具体的な【影響】
3、私の素直な【感情】
 
この3つを織り交ぜて
わたしを表現するメッセージを伝えます。
 
 
『ママね、ゆとり(長女)が学校行かないで
長い時間1人でお家にいると【行動】
何かあったときに助けてあげられないし
安心してお仕事することができなくて【影響】
すごく心配なんだ。【感情】』
 
このように、私の素直な気持ちを伝えます。
 
すると
「だって、何もしないでゆっくりしたいんだもん」
とのことf^_^;)
 
 
さて、ここからは
学校を休んでゆっくりしたい長女 
 VS 
長女を心配することなく予定を済ませたい私
双方の話し合いになります。
 
お互いに納得のいく解決策を出すために
同じテーブルについて、お互いフラットな関係で
話し合う必要があります。
 
 
① お互いの欲求をハッキリさせる
 
長女は、ゆっくりしたい。
私は、長女の心配をせずにその日の予定を
遂行させたい。
 
 
この2つの願望を満たす解決策を出すために
まずは、ブレーンストーミングです。
 
※ブレーンストーミングとは
否定せずに考えられる限りのアイディアを
自由に話し合う立案企画方法
 
 
②解決策を出していく
 
この状況をどうしたら良いか一緒に考えよう!と
子どもと対等になり協力していく姿勢をとる。
 
子どもから案が出ないときは、親から案を出します。
すると、子どもからアイディアが出てくることも♪
 
・ご近所さんに預かってもらう
 
・今日は学校行く。次の土曜日はパジャマのまま
 なんにもしないで過ごす
 
・ばぁばに来てもらう
 
・長女も一緒に仕事についてくる
 
・長女1人で私の実家に行って過ごす
 
 
こんな感じで私も長女も思いつく限りの案を出しました。
 
 
③実行可能な案を厳選する
 
ある程度アイディアが出たら次は
実行可能かどうか、それぞれの案に
◯✖️をつけます。
 
・ご近所さんに預かってもらう
長女→✖️ わたし→✖️
※ご近所とそこまでの信頼関係をまだ築けていない
 
・今日は学校行く。次の土曜日はパジャマのまま
 なんにもしないで過ごす
長女→◯ わたし→◯
 
・ばぁばに来てもらう
長女→◯ わたし→✖️
※急なお願いと、諸事情により断念
 
・長女も一緒に仕事についてくる
長女→✖️ わたし→◯
※長女は家に居たいため
 
・長女1人で私の実家に行って過ごす
長女→✖️ わたし→✖️
※電車で1時間の距離を1人で行くのは
まだ難しい。
とりあえず案として出した。
 
このように自分で出したアイディアにも
✖️をつけてもいいのです。
 
 
④ 双方が納得いく解決策を決定する
 
上記の案で、長女も私も◯だった案は、
こちら。
 
・今日は学校行く。次の土曜日はパジャマのまま
 なんにもしないで過ごす
 
あれ?!
今日学校行くのオッケーなの?!
と、私は拍子抜けでした・・・。
 
どうやら長女はゆっくりできる日の目処が
たったことで『安心』したようです(*^_^*)
 
 
⑤決めた案を実行する
 
さて、双方の案が一致したら実行です!
 
「土曜はゆっくりするぞーーー!」
と元気に学校に出かけていきました(笑)
私も予定していた仕事に出かけることができました。
 
ここまでの会話で要した時間は、約10分。
 
その日は気持ちよく一日を過ごせました。
そして次の土曜日は、長女の好きなように一日を
過ごしました(*^_^*)
 
 
⑥結果を評価する
 
長女は、ゆっくり過ごせて大満足。
私も、ストレスなく予定をこなせて大満足。
 
それだけでなく長女が
ぼーっとする時間や、なにもしない時間を
欲していることが分かりました。
 
それ以降、意識的に長女がゆっくり過ごす時間を
作っていくことにしました。
 
 
この話し合い方法は、
コミュニケーションプログラム親業の
『第三法』という手法になります。
 
親子は、親の方が強くなりがちです。
しかし、子どもにも子どもの考えや言い分
そして、人生があります。
同じく、親にも。
 
お互いに尊重し合って生きていけたら
素晴らしいと思うのです。
 
みなさんは大切な人といつ最期を迎えても
後悔しないコミュニケーションをしていますか?
 

 
記事の内容に関してご質問などございましたら
 
お気軽にsakurakato319@gmail.comまで
お問い合わせください。
 
 
東京で感覚統合を基盤とした個別運動療育のハートフルデイ
 

 

マンツーマン指導による親子体験レッスン

 現在満席のため、無料親子体験レッスンの募集を一時停止しております。
ハートフルデイへの通所をご希望・ご検討されている保護者の皆さまにはご不便をおかけして申し訳ございません。
 再開の際はホームページにてお知らせいたしますので、何とぞ宜しくお願い申し上げます。

 
お子さまにとって、マンツーマン指導による『運動と遊び』が必要な7つの理由
《お子さまにとって、マンツーマン指導による『運動と遊び』が必要な7つの理由
ハートフルデイとは
《ハートフルデイとは
 
お子さまの変化について<保護者様の声>
《お子さまの変化―保護者様の声